体験プログラム紹介

検索
TOP
TOP : ミニ勉強会でウミホタルの捕獲・観察を行いました
投稿者 :  投稿日時: 2017-08-29 14:30:48 (158 ヒット)

 協議会では、年2回の受け入れ研修会とは別に、体験メニューを
受け入れ家庭の方々とシェアするためのミニ勉強会を行っています。
今年は柑橘やアジを活用する料理教室、竹を使ったスマホのスピーカー
や箸などの工作づくり、島内を回って歴史を学ぶドライブツアー等を開催しました。
参加者の方からは、「雨の日の体験として役に立った」や「農作業や釣りの合間に、
工作づくりをして喜ばれた」といった声をいただいています。

 7月の末には、漁師さんにご協力いただき、ウミホタルの捕獲方法を
学びました。島に住んでいても、「ウミホタルを見たことがない」という方も多い為、
当日は30名近くの参加者がありました。それぞれが持参したビンの蓋にドリルで
穴をあけ、中に魚のアラやソーセージ、ちくわなど、ウミホタルのエサとなるものを
入れます。その後、フタにロープをしばり、砂浜から夕暮れの海に投げ入れました。
10〜15分後、ビンを引き上げると、中に小さく動くものが!地面に敷いたシートの上に、
海水ごと出すと、キラキラと青く光りました。予想以上に簡単にウミホタルを捕獲・観察
できることに、皆さん喜ばれていました。その後、早速帰省中のお孫さんと別の浜で
行なった方や、民泊受け入れ中に実践された方もいらっしゃいました。

 講師の漁師さんによると、周防大島では5月〜11月上旬頃までウミホタルが
観察できるとのこと。今後も協議会では体験のヒントとなるようなミニ勉強会を
企画して、生徒さんの体験が充実したものとなるよう取り組んでいきます。

↓写真はウミホタルが青く光る様子。実際はさらに幻想的です。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright © 2010- 周防大島町体験交流型観光推進協議会 All Rights Reserved